Diary 2013. 12
メニューに戻る
12月24日 (火)  煙筒掃除をして分かつた事・・・。

22日(日)事務所の屋根に上がり、煙突掃除を初めてしてみました。 西に見える日高山脈を見ている余裕など全く無く、もくもくと(1人)煙突掃除を決行。
図面には「薪ストーブ」と書き込み、鋳物ストーブのサイズを調べたりしていましたが、「煙突掃除のし易さ」も重要ですね! 暮れの寒い時期では無く、10月頃には済ませておく事もお勧めします。
(屋根の上はただただ寒いので)
ここしばらく日記を書く気持ちの余裕がありませんでしたが、「2馬力の家」の完成したことと、なかなかまとまらなかつたプランの姿が見えてきた事などが重なり気持ちにゆとりが出てきたのでしょうか。

20131224-1.jpg 20131224-2.jpg 20131224-3.jpg



12月29日 (日)  貧乏性直りません。

27日は今年最後の支払いを終わり、昨日は会社のささやかな忘年会。 
我が家では冬休みで札幌から帰つて来ている調理師の卵の次男(生玉子なので腐らなければよいかと心配ですが)が練習も兼ねていろいろ食事を作つてくれるので、妻は(少しおだてながら)助かつている様です。
画像1,2は「2馬力の家」。雪解と同時に工事は始まり、雪の降る頃に完成です。 冬には馬に匹敵する
働きをしてくれる薪ストーブ2基(なので2馬力)は建物に呼応していい感じで働いてくれてます。
居間のお仏壇もぽかぽかです。(誰もいない部屋より皆のいる居間の方がご先祖様も居心地が良いに決まつているはずです)
画像3は基礎工事の進む「ハルニレ公園の家」現場で、コンクリートの、流し込み作業が一息ついている私(右側)と型枠大工の親方です。(2人共人相悪いな〜)
「ハルニレ公園の家」の細部などのスケツチもこの休みの間に書いてしまう計画です。(朝の早起きで決まると思う)

20131229-1.jpg 20131229-2.jpg 20131229-3.jpg



12月30日 (月)  終盤、思いつきで。

打ち合わせの中の話題になぜか思い出せませんが、「妖怪」の話題から水木しげるさんの「墓場鬼太郎」1〜5巻を持つていると言う話になりました。    私は確か4年ほど前にこの1巻を偶然に買い、あの「鬼太郎」とは全く別人(幽霊族なのですが)の「鬼太郎」を見つけ強く印象に残つていたので、さつそく本屋さんで2〜5巻を買い、寝る前に布団の中で読んでいます。(現在3巻の後半)
第1巻の中で「地獄の片道きつぷ」の話が出てきます。(往復きつぷでは無いので決して帰つて来ることは出来ません)
読んでいるうち、ふと住宅ローンを思い出しました。 何時からなのか、30年,35年と言う返済期間(国策なのか)を当然のように耳にします。 私は耳障りの良い言葉は信用しません。「フラツト35」
を「カクゴ35」と変えるとでしょうか。(借りる人減りますね) 
もう1つ私が信用しないものに、素朴なペツトを使つたTVコマーシャル。 多少だと見逃せる事ができますが、これを集中的に流す会社は信用出来ません。
画像は2〜5巻「墓場鬼太郎」揃いました。
 〃 映画「8月の鯨」に倣い壁を抜きました。(調べてみると当時主演女優リリアン・ギツシュ93歳,ベデイ・デイビス79歳だつたそうです)「2馬力の家}食堂部分。
右の画像は郊外で見つけた「特殊FRP工房」(名称は私の思いつき)。 十勝なので牛の需要が多いようです。

20131230-1.jpg 20131230-2.jpg 20131230-3.jpg



2013/12
SuMoTuWeThFrSa
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

前月     翌月