Diary 2014. 1
メニューに戻る
1月4日 (土)  初詣すませました。

3年程前から2ヶ所の神社へ初詣(どちらかが初です)へ行くようになりました。 
北門神社(10年前、当社で建てました)と愛国神社。
北門神社へはメンテなどを含め毎月顔を出しているのですが、愛国神社へはこの時だけの年1回のお参りです。
愛国神社はやや小高い稜線に沿つた地形に建てられているので、日高の山々が一望できる私お気に入りの神社です。 
北門神社は築10年目に入りました。 10と言う数字は一つの区切りなのでしょうか、見渡すと神殿の檜の柱などにも時の重みが感じられる様になつて来
ました。(暗い画像は昨日で明るい方は2年前)
私の暮れから今日までの生態は、早起きをし、事務所の薪ストーブに火を入れ、おつとりと机に向かい仕事モード。 仕事納めは「偽装」でした。

20140104-1.jpg 20140104-2.jpg 20140104-3.jpg



1月21日 (火)  15年ぶりでした。

冬休みを使い15年振りにインドを見る機会がありました。
変化したものと全く変化してい無いもの。 自分自身の見るところと感じ方は変化していました。
(ビール瓶が汚れて無かつた事は変化していました)
ローカル空港へ着き、飛行機のタラツプを降り、ターミナルまでしばらく歩くと着いた実感が湧いて来るものですね。
私の五感は人,街,住居,色,石,匂い・・・尽きませんでした。
石(インド砂岩)の欠けらばかり拾つてきました。


20140121-1.jpg 20140121-2.jpg 20140121-3.jpg



1月24日 (金)  くまげら亭

このところの寒さにはやや減げていますが、
「くまげら亭」の輪郭が見えてきました。
「くまげら亭」、なかなか良い名前だと関心し、また私も気に入ています。
オーナーさんからの年賀状で初めてこのネーミングを知り、なぜこのネーミング?と考えて見ると納得しました。 外壁には焼いたカラマツの板(ほぼ燃やす)なので「まつ黒」、屋根は渋めの「赤」。
愛嬌がありますね。
外周の断熱材厚さ455o,床300o,天井500o・・・。 暖房にはレンガ積みのペチカ(ロケツトストーブ)(私は初めてなので少し心配です)。
どこを取つても「レアー」です。
私は極めて相手に合わせて仕事を進めて行く方なのだと自負しているので、カビの生えていない新鮮な提案には初めは引くところも有るのですが、ついつい迷路に御一緒して行き、何とか迷路を抜け出して、笑顔で振り返られて今日が有るようにも思います(ひやひや)。
断熱材厚さ455oを確保するためにはスラブを架けました。
4月には板を焼く(燃やす)作業ですが、何どか失敗は覚悟しています。

20140124-1.jpg 20140124-2.jpg 20140124-3.jpg



2014/1
SuMoTuWeThFrSa
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

前月     翌月