Diary 2014. 12
メニューに戻る
12月12日 (金)  さざえ堂

妻の実家に行く用事に合わせ、なかなか行く事が出来なかつた中の一つ、会津若松へ足を伸ばして来ました。
目的はただ一点、「さざえ堂」。
建てられてから200年程が経つ、六角三層構造。

20141212-1.jpg 20141212-2.jpg 20141212-3.jpg



12月22日 (月)  年末の挨拶はカレンダーで。

1ケ月ほどの間に200軒程、お客さんのお家へカレンダーを持つて暮れのご挨拶へ。 やはり楽しみなのは行く先々の子ども達の成長ですね。 「成長中」とは躍動感を感じますね!           私もお客さんの御用聞きでは無く、成長を続けて行かねば!(カレンダー配りの中にも楽しみを見つけています)
今年の仕事もあと5日程を残すばかりなのですが、なかなか重たい打ち合わせなどが続きます。
今年の冬休みは仕事をしている様な気がするな〜。
現場は雪にはさほど影響されず、概ね予定に沿つて進んでいるので、気持ちはやや軽めです。
でも、一線の大工さんは寒いところでの仕事なので毎年の事なのですが頭が下がります。(事務所の中は暖かいですがお財布の中は寒いのですよ! 外の寒さも辛いけれど・・・。)
画像1〜「清々しい家」車寄せ軒裏、カラマツ板15mm板を張つています。 あと1日で貼りあがります。(寒いところご苦労さまです。−5℃程度なのですが風が吹くのでもう少し寒く感じます)
画像2〜カレンダー配り役、楽しみの一つ。 成長しています!(来年は羊年。このNさんには今年、草刈用に羊を1頭飼いました。来年子羊が生まれてから食べるそうです)
画像3〜熊牛で工事の進む木炭をふんだんに使う家です。 床下にはオーナーご家族で木炭を敷き込みました。(冷たいと思うかも知れませんが、頭が下がります)

20141222-1.jpg 20141222-2.jpg 20141222-3.jpg



12月29日 (月)  掴んだ感触ありました。

タイトルからすると「年末ジャンボ・・・」かと。
私は買つてません。 (以前には買つたことも有りましたが)
今日から1週間ほど近くのプールがお休みに入るので昨日の夕方、いつもより長めに泳いで来ました。
今年の(ここ2ケ月ほどの事)収穫としては、水を掴む(言葉では理解しているのですが)感触を強く感じられる様になつた事なのです。
この出来事(感激)を夕食後、妻に話すと「こんなに長く泳いでいるのに、まだそんな事言つてるの!」 近くに居た娘「鈍い!,鈍い!」・・・。
これに良く似た感動が3回程あるのです。
1つ目は年齢は思い出せませんが(多分4〜5歳頃)、「銭湯」の湯船の中を1人で歩けた時。 2つ目は20代初め、新得山スキー場で滑つている時に感じたあの感触。 こうして振り返つてみると共通点は「恐怖感」から開放された瞬間のようにも思います。 このレベルの感動は自分だけで浸るのが良さそうですね・・・。

仕事では小さな失敗がたくさんありました。   上手く行つた事もありましが、なぜか失敗した事ばかりが思い浮かびますね。
尋ねた建物ではインド西部の町並み,合津若松「さざえ堂」,根津美術館などが印象深く残つています。 
画像1〜札幌で2男と夕食。 私とは少し違う業界へ。
画像2〜新緑「クロスクラブコンサート」
画像3〜クリスマス「クロスクラブコンサート」 素敵な一時でした。


20141229-1.jpg 20141229-2.jpg 20141229-3.jpg



2014/12
SuMoTuWeThFrSa
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

前月     翌月