Diary 2015. 2
メニューに戻る
2月4日 (水)  すぐ目の前でした。

このところの寒さで、ついプールへ行く気持ちが少し萎えていました。 近くのところは2ヶ月お休みなので、もう1つのプールまで行くのには車のエンジンを暖めたりと、何かと・・・。 
夕食も済ませ、9時頃「スキーだ!」と決断し、一気にウエアと板,靴を揃え、居間でスキー靴を履き、金具の調子を確認したところで、気が変らないうちに玄関前からスタート。 思いついてから玄関を出るまで約20分。 居間でテレビを見ている家族からは「この寒いのに・・・。何かあつたら困るから、携帯電話持つてつてね!」
外の温度計を見ると−19℃・・・。 「やめよかな〜」とも早々と思つたけど、玄関を出てしまつた手前「寒いから止めたわ」と玄関に入る訳にもいかず、まず滑ろう!と。
家から100m程の所の畑がクロカン(私は歩くスキーレベル)のコースになるのです。 全くの新雪なので、1周目の雪を踏み固める段階で手も冷たく、ギブアツプ寸前。 でも大工さん達も手が冷たくてもと思うと(私は仕事ではないのですが)我慢できますね。
2周目に入ると、足も慣れて来て体も温まるつて来て1時間程で一汗かきました。 部屋に立て掛けてあつた板と靴には埃が被つて、振りかえつて見ると2シーズンは履いて無かつたように思います。
これからは、思い出したスキーも食後のメニューに入れて行くことにしました。
画像1〜冬は餌が少ないのか、「赤ゲラ」も小鳥の餌台に顔を見せるようになりました。
画像2〜猛烈な吹雪で視界も最悪の朝。
画像3〜ローカル新聞も顔負けです。大手新聞も広告ばかりで読めるところの少ないこと・・・。

20150204-1.jpg 20150204-2.jpg 20150204-3.jpg



2月13日 (金)  とても良く出来ています。

現場の帰り道に近くの板金屋さんへ立ち寄りました。
ゆつたりした事務所で、殺伐とした所では無く居間の延長の様な暖かさを感じます。
事務所の棚に飾られている小さな「薪ストーブ」を見つけました。 手に取つて見るとこれが実に良く出来ていて、しかも愛嬌のある姿なのです。
このおもちゃどこで買つたのかと聞くと、「近くの親戚のおじさんが作つて持つてきてくれた」そうで、親戚のおじさんは板金職人歴75年程。
おもちゃのストーブを見ているとつい欲しくなり、「このおもちゃ譲つて(ニアンスとしては只)」「ダーメ!」「いくら位で作つてくれる?」「3万はすると思うな〜」売り物では無く、老後の趣味で作つている様なのですが、少し負けてもらつて1台注文する事にしました。
(画像1)〜愛嬌のある薪ストーブ。
(画像2)〜建具屋さん作業場での打ち合わせ。
(画像3)〜夜、1人だけのクロカン。 走り始め(早歩     き程度)の30分程は手が冷たくて、今日     は止めて明日からにしようかな〜などと     弱音をはきながら・・・汗かいてます。
     

20150213-1.jpg 20150213-2.jpg 20150213-3.jpg



2月24日 (火)  成績表

会社の決算書が出来て来ました。
会計事務所の先生と学校の先生の言う事がよく似ています。「良い成績表」、だれに取つての「良い成績表」なのでしょうかね? 会計事務所の先生は税務署に対してですね! まずはスツキリしました!
我が家のお正月に飾つたのしめ縄をどんど焼きに持つて行くのが間に合わず、事務所の片隅でウズウズしています。 よく見ると稲わらを上手によつて、別な世界に変えてしまつている事にあらためて驚きます。 また、このしめ縄を製作した人も知らない人では無いこともウズウズしている理由かもしれません。
画像1〜事務所の片隅でウズウズとしている「しめ縄」
画像2〜「Mさんのお家」を訪問です。 5年目に入ると家族も増え、お家もなかなか味が出て来ました。
画像3〜「ゲゲゲの鬼太郎」。お客さんの幼稚園に行くと玄関先の雪に埋もれていた「鬼太郎」達を見つけました。大人ほどの大きさで、発泡スチロール製だそうで、毎年寄贈されるとの事で「邪魔なので久慈さんにあげるから持つて行つてね」との事なので、私は要りませんので、近郊のかたに差し上げたいと思います。 近くでしたら無料で運搬します!

20150224-1.jpg 20150224-2.jpg 20150224-3.jpg



2月28日 (土)  小樽探索

今週は用事で札幌に出かけて来ました。
夜は用事もそこそこに切り上げ、小樽の町で宿を取りました。 小樽に泊まる宿は(私1人の時)南小樽駅、すぐ目の前「魚松旅館」。 家族経営のほのぼのとした小さな宿で、トイレ,お風呂は共同なのですがとても快適です。
魚松旅館を基点に、年1,2回小樽街中探索をしています。
前回の探索では「京子」という名のお店に引き込まれ時間を使つてしまいました。(これと言つた訳は無いのですが京子の名前に惹かれました。)
「小樽運河」は小樽の主役で表に出てきたのは30年程前からだと思います。 それ以前には町では「汚い,臭い」と蔑まれる存在でした。
でも、見る角度を変え、磨きを掛けるとここまで変るものなのですね。
私の興味をそそるものは街角にささやかに残る「世界のお金が一度は集まつた町の痕跡」を見つけることです。
画像1〜魚松旅館食堂
画像2〜入船町函館本線ガード下。
積み上げたレンガを隅石で固めています。
画像3〜行きは列車で行くのですが、帰りはいつもバスで帰ります。 石狩湾の向うには厚田の山々がかすかに見えています。 



20150228-1.jpg 20150228-2.jpg 20150228-3.jpg



2015/2
SuMoTuWeThFrSa
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

前月     翌月