資 料 室  
HOME 施工例 敏之レポート 田園生活
のご提案
資料室 薪倶楽部 社長の日記帳 会社概要

 ようこそ資料室へ 
 独立して会社を立ち上げたのが1986年、すでに30年。住宅、店舗、新築、リフォーム,改築と用途も場所も様々な家づくりにたずさわって来ました。その間、よくも悪くもぎっしりと中身の詰まった体験をさせて頂いたので我がささやかな事務所の棚はいつの間にか資料でいっぱいになっています。
 実はこの資料、以前から「これから家を建てたい」と考えていられる方々に利用、活用してもらえたら良いなと考えていました。
というのは家づくりはいうまでもなく大事業です。当然現在の条件だけでなく将来についても考慮しなければなりませんしできる事なら若干の夢や希望も加えたいものです。そして最後は予算です。
 家づくりはそんな種々様々な条件を組み合わせて形にして行く作業です。いわばジグソーパズルに似ています。このパズル、最初は何もかもがバラバラで ? の連続、むしろ苦痛です。それが次第にピースがあるべき所に収まって徐々に形が見えて来る頃になると、その達成感が何ともいえない快感です。
 貴方の家づくりの壮大なパズルにこの資料、是非ご利用下さい。もしかすると、「これは!・・・」使えるヒントが見つかるかも知れません。


              久慈敏之

 

 資料 001 住宅 <共に育つ家>

 あらかじめ家族数の増加など将来の生活条件の変化に対応できる余裕を持たせておき、その都度最小限の費用で対応できる構造とした住宅。
 その基本型を『プラン_1』,より発展させたものを『プラン_2』,最大限活用した型を『プラン_3』として紹介します。
プラン_1 模型
3プランにおける共通条件
1.想定敷地 70〜80坪以上
2.設計趣旨
 共に仕事を持つ夫婦を対象
 出来るだけ少ない動きで家事をこなせるよう動線に留意
 台所から家族の気配を感じ取れるよう吹抜けをもうける
 将来考えられる家族数の増加に最小の費用で対応できる構造とする
3.暖  房
 居間に薪ストーブ
 脱衣室に蓄熱式暖房器設置
4.換  気
 寒冷地仕様ロスナイ(壁掛け2パイプ)+ パイプファン
プラン_3 断面図
資料001 プラン_1

 「プラン_1」は最も基本となる案で夫婦もしくは夫婦と子ども1人程度の家族構成を想定している。

 2階は屋根の低くなる東西部分は小屋裏のまま残し、中央部のみを居室(子供部屋)、フリースペースとしている。また一部をロフトとし、遊び・ゆとりの空間にしている。


1.家族構成 夫婦(+子ども1人)

2.部屋構成
 1階+2階1室(+ロフト)

3.建設費 1900万円 
(※薪ストーブと税を含む)
薪ストーブにはヨツールF400を想定
※屋外給排水工事含まず

 1階平面とロフトについては全プランで共通しているので「プラン_2」、「プラン_3」の説明では省略しています。
プラン_2

 夫婦と子ども2人が暮らす事を想定した案

1.家族構成 夫婦と子ども2人

2.部屋構成 2階2室タイプ
 ※プラン_1の西側小屋裏も居室とする

3.建築費 プラン_1+90万円
プラン_3

 夫婦+子ども3〜4人の家族構成を想定し、東西の小屋裏を全て居室とする案

1.家族構成 夫婦と子ども3〜4人

2.部屋構成 2階3室タイプ
 ※2階小屋裏を全て居室とする

3.建設費 プラン_1+190万円
Copyright(C) 2011 Kuji Kenchiku Kobo.All Right Riserved.